今人生の岐路に立つ

DIGメンバーの阪田 真巨さんの麹王子として、天職についてアツい思いが綴られていたのでご紹介いたします。

以下引用
———————————————————–
今人生の岐路に立つ。
_
人生の中で理論に勝るものはいつだって感情論だった。
‪感情を乗せた仕事ほど強いものはないし、負け戦でも勝ってしまう事がある。‬
‪無理を可能にするのはいつだって本能だ。‬
想いが強ければ計算なんて必要ないんですもの。

そうなのさ。
想いは可能性を超える。
想いが強ければ確率なんて存在しないのさ。
在るのは”実現する”という事だけなのよ。

パーセントじゃない、
パーセントで考えるから決めきれないのかもしれないね。
もしかしたらパーセント(確率)なんて存在しないかもしれないよ。

_
今、これを読んでらっしゃる貴方、今の仕事に悩んでいたり、転職しようか、辞めようかで悩んでいたら、是非こう思って欲しい。
_

『悩む事も出来ないぐらい感情が勝っていたなら気持ちに素直に従って行動しようよ』
『悩みが止まらないという事は心の底から、現状維持を望んでいるという証拠なのかも…しれないよ』
_

‪自分が今取り組んでいる事に対して感情が乗らないなって時があるよね。
_

『やらないより、やった方が良い…かな』と思うなら、そこには努力をしない事をお勧めするよ。
努力をするべき時は『やりたい!!』と感情が湧いた時だけにした方が楽に生きれるかもだよ。
頭で考える前に気持ちが先に『やりたい!』もしくは『やった方が良いと思った!』って時は全力で努力をお勧めするよ。
_

最後に。
「努力」という文字に焦点を合わせない方が良いかもなんだ。
_

『努力しろ!』
『努力が足りない!』
『努力を何故しないんだ!』
_

努力って知らず知らずのうちに、ネガティブで、失敗した時、追い込まれる時、そんな時に発せられる言葉として負の感情の時に浴びせられるから嫌な先入観を持ってしまっている人も多いはずなんだ。
_

特に「劣等感」を抱いている時に浴びせられる事が多いからなんだ。
_

生まれながらにして、恵まれた家庭環境で、勉学にも優秀で、沢山の愛を受けて、上手く人生を生きれている人には、『努力をしろ!』『努力が足りない!』と必要以上に追込む事がないからなんだ。
_

『君は良くやってくれるよ』
『流石だな』
『次も頼むよ』
『君のおかげだよ』

こうした言葉を浴びせられるはずだよね。

だから『努力』なんてしなくて良いし、努力という言葉は要らない。
_

『やりたい!!』『やった方が良い!!』と思った事には”努力をせずに楽に勝手に成長するようになっている”って事を知ると世界が一瞬で広く見えるんだ。

努力という言葉は「やらなければいけない」という意味で捉えてしまう。

やりたいと思った事に対しては、
「成長したい」
「もっと上手くやりたい!」
って思うからさ。

全っっ然!!!疲れないんだ。
やりたくて、やりたくて、感情で動いているから楽しくて仕方ないんだ。

このサイクルに持っていけたなら、
確実に成功を掴むはずなんだ。

努力がどうしても出来ないって人は、そもそも努力という言葉を捨ててみて。

やりたくない事には努力はしてはいけないんだ。
努力という概念は頭からポォーーっン!って捨てちゃおうよ。
やりたくない事からは逃げた方が賢い。
逃げて逃げて逃げて、
いつか感情が動く時がきっと来る。
いつ来るか分からないけど、絶対来る。絶対。
ホントに明日いきなり来るなんて普通の事。

それまではアンテナを張っておこう。
(バリ4でね)※ガラケー死語

受信した時は思いっきり、素直に感じてみよう。
_

「心が熱く波打ったなら、それは君の天職だ」

引用元 https://www.facebook.com/masaomi.sakata/posts/2552497178176233

NEWSDIGニュース

more

あなたも視野を広げませんか?

まずはイベント参加