最近注目されている多拠点居住。障害になるのは?

株式会社アドレスの事業開発部長である、DIGメンバーの池田亮平さん。
さまざまな地域にある家を、シェアして暮らすためのサービス「ADDress」を手掛けています。

多拠点居住をすることで人口をシェアし、その地の良さを発見していくことができます。

限られた職種だけかもしれませんが、それでもなお多拠点居住が夢のままであるのには“理由”があります。

ぜひ、以下の記事をご覧ください。

▼「人口減少を救う『多拠点居住』の最大の障害は」
https://note.mu/komazaki/n/n41c58e9798c4?fbclid=IwAR1jHnE7Sf28F4zbnwY6fbVXY4IKdWkYQwCSlNWFuq-LS46FxnBHoXyd_KU

▼ADDress
https://address.love/

NEWSDIGニュース

more

あなたも視野を広げませんか?

まずはイベント参加