多拠点居住『ADDress』が本格稼動に伴いANAらと連携開始!

DIGメンバー池田亮平さんが勤める、全国住み放題の多拠点居住プラットフォーム『ADDress(アドレス)』が、いよいよ本格稼働を開始しました。
JR東日本スタートアップ、ANAホールディングス、IDOM(中古車のガリバー運営企業)等、錚々たる事業会社との提携や実証実験をスタートさせます。

これに関連して、LoveTech Media編集長の長岡武司さんが書いた記事をご紹介します。

当記事は、2019年10月29日にNagatacho GRiDで開催されたプレスカンファレンスの様子を伝えるために書かれたものです。
運営会社である株式会社アドレスは、具体的にどのような戦略とビジョンを描いているのか。
ぜひご一読ください。

帰属による全国創生を目指す、多拠点居住『ADDress』が本格稼動に伴いANAらと連携開始

■目次 
  1. 年内50箇所めざすアドレス拠点
  2. ブランド・アイデンティティを一新
  3. 観光ではなく、帰属による地方活発化を目指す
  4. 全国創生プラットフォームパートナー
  5. プラス2〜3万円で空路4便 or 2往復の実現を検証 by ANAホールディングス
  6. ラストワンマイルである車問題を解決 by NOREL(株式会社IDOM)
  7. JR東日本がもつ資産を有効活用 by JR東日本スタートアップ
  8. 都市から地方へのゲートウェイを目指して by渋谷区観光協会
  9. 北鎌倉の新拠点と、家守の学校
10. 北鎌倉の大型拠点プロジェクト、三位一体で携わり方は自由
11. 全国連携型の地方創生をデザインする「家守」の学校
12. コペンハーゲン市「観光の終焉」宣言から学ぶ
13. 編集後記

NEWSDIGニュース

more

あなたも視野を広げませんか?

まずはイベント参加