DIGメンバーの上村由依さんが「PRプランナー&PRライター」についてのトークイベントのレポートが公開されました

 

大阪のトークイベントでお話ししたことをbillage OSAKAさんがレポートにしてくださいました✨✍🏻
「PRプランナー&PRライター」について。
すんごい山もり書いてくださったので(せっかくなので)重要なところをここにも貼り付ける。
ミラクル長文です。
 
 
↓  ↓  ↓
 
 
プレスリリースをしたり、Webサイトを作ったり、SNSを運用したり、イベントをしたり……。

様々なツールを使用しますが、結局はステークホルダーとの関係性を構築することが目的なので、方法やツールではなく、“どのような人とどのような関係を築きたい”ということに対し何が最適なのか、を導き出します。

それがPRプランナーの仕事です。
 
例えば、「今流行りのSNSがあるからそれを使いたい!」という声をよく聞きますが、果たしてそれが正解なのか?本当にやるべきなのはこれではないか?ということを分析し、提案することが大切です。
 
 
* * *
 
 
例えば営業部で100本のマイクを売りましょう、という目標を立てます。

営業部としては100本売れば問題はありませんが、PRをする人たちはそのマイクを買った人たちがどう感じたのか、というところまで評価します。

つまり、本当にファンになってくれたのかどうか、ということを評価します。
 
買った後の「これ買ってよかったな。」「また買いたいな。」「買わなければよかった。」などを評価指標に入れているので、効果測定はとても難しいですが、そこまで分析することで顧客のニーズ、感想を拾い上げることでよりよい製品を作れるのです。
 
中長期的に関係性を築き、ファンをになってもらうことを目指ざすのがPRの世界です。
 
言い換えればあの会社がつくったものなら、あの人の商品なら、もしくはあのブランドものなら買いたい、という風に、信頼されることによって売れていくことを目標とします。
 
 
* * *
 
 
Webが登場したことにより、広報の仕事としてマスメディアに関することだけではなく、Webのこともしなくてはならなくなりました。
 
広報担当の中でもWebの使い方がわからない、という人が多いです。

しかし、本来的に必要とされる情報を必要な人に届けようとすると、どうしてもWebは学ばないとどうしようもない、避けては通れないものとなっています。
 
とはいえ、Webのことと同時にマスメディアとのリレーションもしていかなければなりません。今はマスメディアとのリレーション、そしてWebと両方やらなくてはならないのです。

今までWebに触れたことがない広報担当が手探りで勉強する現状。

しかし、最近はWebマーケティングを得意とする会社も増えてきているので、そこから知見を得ながらPR、Webマーケティングの両方の勉強、また、WebマーケティングをもっとPR視点で行っていこう、というトレンドもあり、昨今はPR、Webマーケティングを同一部署内で行っている会社も東京では増えてきています。
 
 
* * *
 
 
広報担当者はライティングのプロではないので「書く」ということが非常に難しいのです。

加えて、きれいな日本語で届ければ届くわけでもなく、SEOのこともわかっていないといけませんし、Webで読む人たちの動向の分析などをしなくてはなりません。

Webの知識とライティングの力がないといけない……。
 
 
* * *
 
 
PRライターがやらなくてはならないのは、Webサイトの運営、プレスリリースの配信、SNSの運用、メルマガの配信、オフラインでのイベントの開催などなど……。

いろいろなことに対して最適を選択しながらしなくてはなりませんが、Webマーケティングの勉強はした方がいいと思います。
 
 
* * *
 
 
Googleが成し遂げたいことは、「検索してくれた人に最適な情報を最短で届けたい」ということ。

なので、検索したことに対して一番詳しい、また検索した人が最も求めていることを掲載しているWebサイトが上位に表示されるようになっているのです。
 
GoogleがWebサイトの内容、更新頻度、離脱率の低さ、読了率の高さ、滞在時間、アクション率などを評価しています。

その評価で検索の表示順位を決定しています。Googleの評価基準も10年前は甘かったのですが、最近ではどんどんアップデートしていき、より精度の高い評価をしています。
 
 
* * *
 
 
なぜ女性がPRに向いているのか。

ひとつは、傾向として「100個売れればいい」というわけではなく、売れた先にどのような心の変化があったのか、ということを測らなければなりません。
 
一朝一夕で結果が出るものではありませんから、もっともっと中長期的に信頼関係を築いていかなければならない職業です。
 
数字だけに価値を置かずに純粋に顧客がどう感じたのか、どう思ったのかなどのニーズやインサイトの想像力やコミュニケーション力、ファンを育てることなど、中長期的に取り組むことという点で女性に向いているのではないか。上村さん自身も思うことであり、業界でもよく耳にします。
 
 
●全文はこちら
http://‪https://note.mu/billageosaka/n/n0ab87b07d62d‬
 
まだまだいっぱい書いてくださってます👏🏻😂
 
 
‪そして そして
 
3月28日(木)夜も、同じくbillage OSAKAさんで、今度は「企業向け・PRについて」お話しします✨‬
 
●企業成長のポイントは、広告・広報から“PR”へ。小さな会社向けPR入門
https://billage.space/events/5c59684db566d8a130690a7b
 
 
企画&モデレーター
Eri Inoueちゃん、いつもありがとう!

今月も よろしくお願いします✨✨✨

NEWSDIGニュース

あなたも視野を広げませんか?

会員登録はこちら